SundaySky は、感情に訴えかける動画をパワフルなパーソナライゼーションと組み合わせ、一人ひとりのユーザーにあわせて配信します。顧客との関係性を一新するソリューションの誕生です。独自開発されたスマートビデオ マーケティングクラウドにより、グローバルの大手企業に向けて、毎年何十億配信にもおよぶパーソナライズ動画による新しい顧客体験を提供しています。取引先企業には、AT&T、オールステート保険、シティグループステープルズベライゾンなどがあります。本社をニューヨークに置き、テルアビブと東京に支社を構える当社は、北米内では唯一、SOC2とHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)に準拠している動画マーケティング会社です。2017年には、スマートビデオは SundaySky のクライアントに対し、実測14億ドル以上の収益を創出しました。

パーソナライゼーションに向けた取り組み

顧客は「層」ではなく「個」として捉えるべきであると当社は考えます。一人ひとりに向けた魅力的な方法でコミュニケーションをとることが期待されているのです。全ての顧客はそれぞれひとりの視聴者として接するべきなのです。SundaySky のミッションは、パーソナライズド・ビデオを活用して企業と顧客の関係性を一変させ、企業が顧客一人ひとりに秘められた可能性を活かせるよう支援することです。

当社の歴史

SundaySky は、シュムリク・ウェラーとヤニーヴ・アクセンにより2006年に設立されました。「動画をダイナミックにウェブページのような感じで製作できたらどうなるだろう」という2人の問いが発端でした。この答えを追究した結果、当社の動的動画生成エンジンが誕生しました。最も初期の自動生成動画では表示に47分かかっていましたが、今や当社のプラットフォームでのパーソナライズ動画の生成はわずか数ミリ秒で可能です。当社のスマートビデオの技術はこのように進化を遂げ、これまでに20億以上のスマートビデオを生成し、リアルタイムでの配信を可能にしています。

以来、当社は堅牢なデータ・ドリブンの技術開発を先駆けて行い、多様なチームメンバーの専門知識と経験を活用して市場をリードし、企業と顧客間に新たな関係性を生み出しています。また、今後出現しうる課題を積極的に予測することが先駆者としての務めであると考え、継続的な革新に取り組んでいきます。

SundaySky の社名由来

当社はアート(芸術的感性)とサイエンス(科学的理論)を独自に融合し、動画コンテンツやクリエイティブをデータおよび機械学習により生成する、新たなパラダイムを形成します。Sky(空)はアートとサイエンスが融合する場所として、当社の指針となっています。ビジュアル レンダリングのように、雲は絶え間なく流れて様々に形を変え、星は集まり星座を作ります。Sky、そして、エキサイティングで新鮮な何かを予感させる1週間の始まりのSunday(日曜日)を組み合わせ社名としました。当社は、アートとサイエンス、デザインとテクノロジー、ビジネス価値と顧客体験が融合する新たな時代を突き進んでいます。無限の可能性が広がる新時代を代表する存在として、SundaySky はどこまでも高みを目指します。

数字で見る SundaySky

  • 設立年:2007
  • 3拠点のグローバルオフィス:ニューヨーク、テルアビブ、東京
  • 現在までのスマートビデオ生成・配信数:20億以上
  • 現在までの調達資金:シリーズD投資ラウンドで7,600万ドル
  • 通信業界の顧客:上位10社中4社のケーブルTVサービス事業者、上位4社中2社の携帯電話事業者
  • Eコマース業界の顧客:上位50社中13社のEコマース企業
  • 保険業界の顧客:上位10社中7社の保険事業会社
  • ヘルスケア業界の顧客:上位10社中4社のヘルスケア事業者
  • 銀行業界の顧客:上位4行中3行のバンキング企業

投資企業

主要プレスおよびアナリストによる取材

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software